就職活動面接の虎

就職活動面接の虎

おもしろいテレビ番組

「マネーの虎」

僕が5歳の時(2001年)に始まった地上波のテレビ番組。

当然そんなテレビ番組を見た覚えはない。

動画サイトのお勧めに出てきた。

マネーの虎

マネーの虎

虎(成功を収めた社長)5人がアイデアや夢を持った挑戦者のプレゼンを聞いて融資または投資する番組。

挑戦者は要求する金額を事前に決めており融資、出資が設定金額に1円でも足らなければマネー不成立となり途中まで集まったお金すらももらえず終わってしまう。

挑戦者のジャンルが毎回違う上に、社長が挑戦者の業界を詳しく知らない場合もある。

それでも社長は質疑応答を繰り返し、挑戦者のビジネスの可能性や人間性を見極めて判断する。

お金が絡んでいるからなのか緊張感、駆け引き、不意の逆転劇がおもしろい。

今だから面白いマネーの虎

2018年見るからこそ本来能力のない僕の方が正解を知っている

番組の中ではプレゼンの様子から、融資された挑戦者がその後どうなったかまで放送されている。

マネーの虎は今から約17年前のテレビ番組。

つまり挑戦者のその後のその後まで分かる。

さんざん社長に叩かれたビジネスでも17年先を生きる僕にはそのビジネスがどうなるのか結果がわかる。

お金を出してもらえず罵声を浴びた挑戦者のビジネスが、「この人の言ってることってAKBと同じビジネスモデルやん」ということもあった。

逆に時代が時代だと感じることもある。

1人1つの携帯にパソコンにという時代なった今全く必要のない会社

不便だからこそ会社もたくさんできるし、需要もある。

なんでも物があふれる現代に足りないサービス、物はあるのでしょうか?

今だから怯えてる

僕は”まだ”就活をしたことがない。

この番組を見ていると、就活の面接ってこんな感じなのかと怖くて震えてる。

就活の面接も企業からすれば高い買い物だ。

退職まで雇えば合計で2億円近くはその人に払うことになる。

つまり2億円の買い物をしているのだ。

これはある種投資?ギャンブル?なんだ。と(自己満納得)

圧迫面接など聞くが、大金がかかっていると考えれば別におかしいことじゃないのかもしれない。

さぁ志望動機でも考えよ…。

ここチェンナイカテゴリの最新記事