【対処法】Login Rebuilderで変更したURLを忘れた!!

【対処法】Login Rebuilderで変更したURLを忘れた!!

ワードプレスのログイン画面にはサイトのホームのURLの後にwp-adminかwp-login.phpと打つことで簡単に入れてしまうのです。

Login Rebuilderで簡単に防犯対策

ログイン画面というのは家でいうとこの玄関です。

ワードプレスの玄関

もちろん鍵となるユーザー名とパスワードが分からなければ中に入ることはできません。

念には念。

住所知られてない方が安全じゃない?

ということで活躍するのがLogin Rebuilderというプラグインです。

Login rebuilderのロゴ

簡単に説明するとwp-adminとwp-login.phpdではログイン画面にたどり着けなくして、新しいログインURL(住所)を作れるというプラグインです。

Login Rebuilderの使い方は他のサイトでご覧ください

※1つ注意点は、変えた時に新しいURLをメモしておくか、新しいURLでのブックマーク登録をすることです。

人から聞いたLogin Rebuilderというプラグインですが、

大した価値もないこのサイトが誰かに狙われることはないので、ただの自意識過剰ですがそんなことは言わずに、

当事者意識を大事にして僕もすぐ導入しました。

Login Rebuilderで変更したURLを忘れてログインできなくなった時の対処法

自分のブログの住所がわからない迷子のあなたに朗報

1. FFFTPでサイトにログインする

2.入れなくなったサイトを選ぶ

3.public_htmlを選ぶ

4.○○〇〇.phpと作成されているのでそれをすべてコピーしてホームURLの後に張り付ければ入れます。

○○〇〇.phpはたくさんありますので、自分の中であーこんな名前にしたなというのを思い出してください

(それくらいはしてください(笑))分からなければすべてコピペして試してみてもできます。

ずっと使っている機器だとずっと暗記され、Login RebuilderでURLを変えた後でもしばらくはwp-adminで入れてしまうのです。

いつもブックマークから入るのですが、すっかり新しいURLに帰るのを忘れて時間が経ってしまい突然ログイン画面までたどり着けなくなったのでした。

これくらいではもう動じなくなりました。

なんてったってデータは残っているのだから

この時とは事の重大さが違います。

ブログで稼ぐカテゴリの最新記事