インドがインドを育て、インドはこの先ずっとインド

インドがインドを育て、インドはこの先ずっとインド

この国の人はおかしい。 今までもそう思うことは多々あった。

インド人はおかしい。

もう聞き飽きたことでしょう。 彼らが予定時間に来ないこと。 よそで盛大に汚していくこと。 いかなる時も周りの人のことを考えないこと。 ゲップをところかまわず平気ですること。 ゲップを出すタイミングをまったくコントロールしません。 ゲップが出たいと言えば出す。 ゲップに生かされているのです。 同じ人間なのにどうしてこうも変わってしまうのか。 おかしいということを早く自身で気づいてほしい。

インド人がインド人を作っている。

おかしいということを早く自信で気づいてほしい。

そんな思いも今日木っ端みじんにされた。

インド人の人の育て方がおかしい。これは尾木ママにに聞くまでもなく素人目で見ても狂っている。

僕の店の隣にはインド料理店がある。

そこには少ない客ではありますが、当然インド人が来ます。

もちろん子連れもきます。

決まってうるさい。必要以上の雄たけび。(必要な雄たけびがわかりませんが)

日本人でもこのレベルは探せばいるでしょう。

それにしてもインドの子供はひどい。それを野放しにする親。

どんなに叫ぼうとコップをガンガン机に叩きリズムを取ろうと 「元気に育ってるわね!」と言わんばかりの満足げな表情。

なんなら一緒に遊びだす始末。

そして問題の今日である。

これが許される国に進歩はない

大人数で入ってきたその家族には子供が2人いた。

子は叫ぶ叫ぶ、親笑う。 まぁこれはもういいでしょう。

最近ではこっちまで「元気に育ってるわね」と思ってしまいそうだ。

席に着くなり、子供は机の上に座りだす。

料理が来る。子供をよけて料理が置かれる。

子供は食い散らかす。 皿から机の上にご飯が直で置かれ、それを子どもが犬のように食べるのです。

なお同時並行で叫び、コップでリズムをとっています。

その後使ってもいないテーブルに親自ら子供を移動させ机に座らせ、 騒ぎ出すのである。

子は宝。

おこってはならない。子に絶対服従。

このように育てられてた子供はどうなってしまうのでしょう。

簡単です。晴れてインド人になるのです。(人間性的に)

インド人が新たなインド人を育ててるのです。

この先、地球外生命体に挨拶することがあるのなら、絶対にインド人一緒にしないでほしい。

国ごとで挨拶をしましょう。

彼らはこれを残して帰っていった。

人間がご飯を食べてこんなことになりますか? 信じられない。

これがよく言うカルチャーショックなのでしょうか?

インド人店員に汚いねと話しかけると。

悲しそうでも、腹立たしそうでもないのです。

寛大な心。

それとも自分も通った道なのか。

カルチャーにドン引きする夜10時でした。

ここチェンナイカテゴリの最新記事