落ちそうで落ちなさそうでもう落ちるボール

落ちそうで落ちなさそうでもう落ちるボール

到着ここがマハーバリプラム

謎のバナナ騒動から時間は経ち

そろそろマハーバリプラム。

てっきりデカいバスターミナルで降ろされると思っていた。

急に降りろ!と言われ降りた場所はローカルな街中。

そうここがマハーバリプラムなのです。(写真なし)

グーグルマップを見てご飯のところよりバターボールが近かったので、そちらを先に行くことに。

落ちそうで落ちないけどたぶんそろそろまじで落ちるボール

クリシュナのバターボールを知っていますか?

僕はクリシュナもバターボールも何かはわかりませんがクリシュナのバターボールは知っています。

世界遺産にもなっている落ちそうで落ちない岩です。

名前の由来は調べたら出るのでご自由にどうぞ。

これが意外とすげぇってなりました。

ポンディシェリーより全然良い。

想像以上に大きいうえに想像以上に落ちそうなのです。

1人で来てますが、もちろんやります。

左足首負傷してるという小ネタ

友達と来て騒ぎたかった。切実に(こういう時1人旅って切ないなって思います。旅じゃないけど)

いやぁもうじきこれ落ちるでしょ。

求めれそう。どうなったらバターボールを落とせるのか。

バターボールだけでは終わりません。

遺跡の上で落ちそうで落ちない

このバターボールのある敷地には遺跡があります。

でっかい岩を削って作りだしたという遺跡です。

これはマハーバリプラムを調べるとよく出てくるものです。

すごいですが、それ以上のなにかはありません。

パワハラ、セクハラを暗示するかのような彫り。

あんなに落ちそうな岩を見て興奮していましたが、

彫りの上にも今にも落ちそうな岩が無数にありました。

逆にあれぐらいの位置に岩が止まってるのが普通なくらい、どこにでもありました。

知識もない僕はそんなくだらないことばかりを考え、この場を去りました。

そして世界遺産の1つ海岸遺跡はお金がないのでやめました。

払わんでも外から見えてしょぼかったっていうのもあります。

ここに来た本当の理由

それっぽい見出しを書きましたが、中身は空っぽです。

僕はマハーバリプラムに昼ごはんを食べに来たのです。

海沿いにあるマハーバリプラムはシーフードが有名です。

どんだけ汚れていても海は海。

この写真だけを見てインドやってなる人はどれほどいるでしょうか?

この町は建物がカラフルで、定期的に塗りなおしているのか鮮やかをキープしています。

歩いていて楽しいです。非日常を体験できます。

浜に上がってる船もカラフルでとてもきれいですね。

肉眼でみた海は青汁のような色をしていることは内緒です。

オーシャンビューでシーフードを堪能できる街

そして着いたオーシャンビューのレストラン。

月曜日ということもありスカスカです。

悩んだあげく、お店の人に一番人気を聞くことに、

これはインドで一番やってはいけない頼み方だと思う。

インドの人が好むつまり…これ以上の発言はやめときます。

謎の魚のディープフライとチップスとサラダの付いたランチを頼むことにしました。

これがインドなのです。

想像を絶するというか想像の反対側というか別物が来るのです。

ディープに揚げすぎたの魚の容姿はまるで化け物。

真っ赤に染め上げられた化け物を輪切りにされたトマトとキュウリの塩漬け(これがサラダ)で祭り、

マクドナルド型でもケンタッキー型でもないフライドポテトは救いの一手です。

バターボールを見て写真を撮ったら寄り道せずにすぐ帰る。

それがマハーバリプラムを楽しむ最善の方法です。

←マハーバリプラムまでの道中


ここチェンナイカテゴリの最新記事