壊れてもいいものと壊れたらダメなものと壊れないもの

壊れてもいいものと壊れたらダメなものと壊れないもの

あらゆるインド製品が壊れる

壊れるもの

しかし一応保証がある商品もあったりする。

”レシートを紛失したもののダメもとで壊れたものを持って行ってみると、

「レシートなしではだめ」と 「直すには数十ルピーいただくよ」

全然いい。直してくれ。” もう1人のインターン生の話

良心的にもほどがある。

保証書なしでも保証されてるようなリペア代。

と言っても物がいざ突然壊れるのはとても不便。

買いに行くにも暑い。

そんなインドで、

これって壊れるっていう現象があるの?というものが壊れた。

しかしストックがない中これが夜中に壊れるのはとても不便で仕方がなかった。

24時間営業のコンビニなんてものはインドにない。

単三の電池が壊れた。

名前があるのかも分からないような部品が取れた。

てっきり今まであれが一体化してると思っていた。

というかそんなこと、考えたこともなかった。

世の中に知らないことはあとどれくらいあるのでしょうか?



ここチェンナイカテゴリの最新記事