人はみな僕をペコちゃんと呼ぶ。

人はみな僕をペコちゃんと呼ぶ。

ばでぃーらんげーじ

インド人が首を動かす人種ということは知っているでしょうか?

日本人が首を動かさないっていうことではありません。

首を横に振って「いいえ」を意味したり、

首を縦に振って「はい」を意味したり、

ライブに行って皆で狂ったように首を縦に振って「はい」をアーティストに伝えるヘドバンがあったり、(僕はもともとライブによく行って人ごみに揉まれ首を振り「はいはい」言ってた人です。)

日本でも首を動かすボディーランゲージがあります。

これはとても便利ですよね。

便利と思うことがなくとも、自然とみんな使ってます。

インドに偏見の多い日本人(と思う僕も日本人への偏見なのですが,,,)は映画で踊りまくってるインド人を皆さんは想像するでしょう。

僕もインドに来るまではそうでした。

両手を顔の前で合掌し、顔を肩と平行にスライドさせる動き。

中学生のとき憧れて、よく練習したものです。

首振るインド人

ここで1つ情報提供。

インド人が首を振るのは「はい」の意味です。

もし本当にライブでのヘドバンがアーティストに「はい」を伝える行為だったとしたら インドでロックフェスが行われたら、客は皆横に首を振るのである。

ライブでバラードソングが始まった時頭が振れず、

手を横に大きく振るという奇妙な行動をするのが日本のライブキッズの一般ですが、

  ※急なライブあるある

バラードはゆっくり聞く曲のはずなのに、手が振るのがメインになってて、曲そっちのけで手を横に大きく振るのに全力を注ぐ迷惑な人いますよね。

痛いんじゃぼけ!と何度思ったことか。

他にもバラードソングで激しく動けないからかエナジーを持て余した結果、大声で歌う人いますよね。

皆で歌いましょうみたいな雰囲気ならいいでしょう。

どんだけ音痴だろうと、どんだけやかましかろうと、ライブを盛り上げるためには致し方ありません。

完全に聞くに徹するべき時にアーティストの声をかき消す声で僕の耳もとで歌う。

お前のカラオケ聞きに来たんじゃないんじゃボケ!と何度思ったことか。

他にも、英語歌詞でも全部歌えますよ!のアピールする人…

ライブは楽しかったですよ。

いい人も多いですし、懐かしい思い出です。

その話もまた機会があれば、 脱線した話から戻って、 インドでは皆で頭を平行に横に動かす光景が広がるのです。

興味深すぎますね。

一緒に横に顔動かしたいですね。

次の日、ここに筋肉あったん?!みたいなとこが筋肉痛になってたりしてね。

前置きはこれくらいにしておいて

で、本題です。

実際インド人は顔を平行移動はしません。

顔を中心にくるくる顔を回すのです。(正しい表現が分かりません。) これがなんとも滑らか。

こんなに滑らかに動くものがこの世にあるのかと思わず考え込んでしまうほどです。

嘘です。

でも簡単には真似できることではありません。

が、しかし 毎日インド人と喋る、それも最近は英語よりタミル語で話すようになってきた僕。

遂に喋ってるとき首が揺れ出す。

なんだこれは! 誰の意思の元動いているのかわかりません。

条件反射のようなものでしょうか。

たぶん第三者から見れば質の低い揺れでしょう。

そしてすぐに問題が発生。

日本では「いいえ」で首をふる。

その文化もあるハイブリット人間の僕は どんな質問が来てもすべて首を横に振るのであった。

これでは不二家のペコちゃんではありませんか。

ここチェンナイカテゴリの最新記事