人生の中でいつかインドでラーメン屋するんやろうなぁとまでは予測できたけど、さすがに人生でタミル語の漫画描くまでは予想できなかった。

人生の中でいつかインドでラーメン屋するんやろうなぁとまでは予測できたけど、さすがに人生でタミル語の漫画描くまでは予想できなかった。

客引き、客引き

たまには仕事の話でもしておこう。

遊んでばっかりと思われてもたまらないですしね。

インド、いや南インド、いやチェンナイで飲食店の客引きを見たことがない。

チラシを配るとか。

人の足で宣伝してる人を見たことがない。

日本では、駅でティッシュを配ってたり、料金表のプレート首からかけて歩いていたりよく見る。

ティッシュは本当にありがたい時があったりするけれど、実際ティッシュでその店に行こうってなったことはありません。

よね?

インド人を欲する

僕の働いている店は現在2店舗あります。

今僕は二号店に勤務しています。

1号店はインド人も多く来ているようですが、2号店はお酒を出していることもあり日本人が結構くることが多いです。(もちろんインド人、その他外国人も来ます。)

なぜインド人にお酒が出せないか、

SNSでアップされて第三者が警察にリークしたらお仕舞だからです。

1号店、月にインド人200人から300人来ています。

インド人の有名なYouTuberが来たり、ローカルのTV局が来たりして注目を浴びたという影響もありますが、インド人が多く来ています。

一方2号店、月にインド人40人から多くて70人。

日本料理ということもあって現地の人からすれば高級レストランです。

それでも同じ価格で1号店には来るインド人がいる。

チェンナイにもブルジョアに相当する人たちがいるのです。

そこで僕は勝手に5月インド人、来客数100人を超すを目標に掲げました。

対策もいくつか考え、できることを今日まず始めた。

そう、「ビラ配り」である。

インドに浸透しているかは知らない。

渡したものをすぐ捨てられ、ごみの国を促進してしまうかもしれない。

やってみる価値はある、と信じて。

配るものが無くては始まらない。

インドで漫画家

ビラ作成。

ただ単に店の名前、こんな食べ物あるよー、ぜひ来てねー インドなら数人来てくれそうではある。

でも100人。

なんならこのビラすらもインド人の間で話題にしてほしい。

なら日本の文化漫画を取り入れようと思いついた。

でも漫画なんて描いたこともなければ、絵すらくだらないものしか書いたことがない。

つべこべ言ったうえでとりあえずやってみる。

適当に書いてみた。

漫画家ってすごい。

この世にすごいことってたくさんあるけれど、その本当のすごさは実際やってみるまで分かりませんね。

まぁこれで漫画書いたとか言ってたら、誰かに何かされそうですが。

ひどい絵心ですね。

インド人も引きちぎって捨てるでしょう。

レイアウト的には店の名前、ラーメンとインド人が飛びつきそうな天ぷらの写真、あとは日本文化漫画、場所と営業時間、SNS系の情報の記載にしました。

漫画にはタミル語を使用。

タミル語って見たことありますか?

丸みがあってかわいらしいっちゃかわいらしいですが、見た瞬間に理解の断念を余儀なくさせられます。

結局知ってるものとグーグルの不確かなタミル語を乱用。

一応インド人役はずっと同一人物なのですが、表情が豊かなのか毎コマごと別人のようなイラストとなっています。

出来たものをインド人に見せると、喜んでくれました。

話は理解できますか? と聞くとヘラヘラしてokok いっきに自信を失った。

まぁいいかなんでも、 漫画って言っとけば喜ぶか。

慣れないこと、というか出来ないことを無理にすると多大な時間を消費しますね。

漫画の部分が出来たので、あとは低い英語能力で作れる最大限のチラシを作って完成。 ティッシュ代わりに割りばしの1つくらい渡したかったのですが、なんせ勝手に始めたことなのでとりあえずチラシだけで明日の手ごたえを探ってきます。

時間をかけたからか、やたら楽しみで全然眠くなりません。

小学校の遠足の前夜よりアドレナリン出てるかもしれません。

明日配ります。

欲しい方は朝6時頃マリーナビーチ集合で!

<追記>

英語のスペルミスが多すぎて恥ずかしい限りです

チェンナイでラーメン屋カテゴリの最新記事