誰も悪くないチェンナイが暑いのだから、いつだって。

誰も悪くないチェンナイが暑いのだから、いつだって。

おじさんとの急展開。

おじさんとの急展開。(恋の始まりのような出だし)

前の鳥エリアでインド人と写真を撮っていたのを見たのか。

シャイボーイで言い出せなかっただけなのか。

急に写真一緒に撮ろって言ってきた。

言われればたしかに今のところ動物園での時間の大半をおじさんと過ごしているのに

写真1枚ないのは悲しい。 「とりまーすはいチーズ」

おじさんこっち見てないっていうね。

おじさんの紹介をここでしておこう。

名前はふってぃーす かっこいい名前をしている。

僕のことはなおとと呼んでいた。

ここまでは仲良さげでしょう。

別に仲が悪かったなんて誰も言ってない。

年齢、そういえば聞きませんでした。

仕事、そういえば聞きませんでした。

住んでるとこ、そういえば聞きませんでした。

あれ?なに話してたっけ。

歩み進めます

 これがバラフライコーナーの一角

なんと蝶々全部で5匹も飛んでました。

思わず追いかけたくなりましたね。

本来いるはずのエリアに動物がいなかったり、(だぶん暑くて陰に行ってしまって見えない。)

ゴリラが遠くで涼んでいたり、 猿が微動だに動かなかったり、 まぁこんなに暑いチェンナイ。

動物が暑く思うのも同じ、仕方ない。

ここは環境だけ特殊な鳥が住めるようになっていてあとは放し飼い状態でした。

マングローブみたいな環境?

詳しく分からないのでなんともいえませんが、 白い鳥と黒い鳥がいました。

ここでの注目ポイントは動物でも、もっと身近な動物に驚かされた。

見えるでしょうか。

動物を見に来たはずの人々までもが木陰で休んでいます。

動物そっちのけでカップルでいちゃいちゃしています。

たしかに陰は涼しい。

でもここは動物園。

動物も人間がその態度なら、こっちも考えさせてもらうという一種のストライキなのではないでしょうか。

近所の公園のような光景。

ベンチでも何でもない床に座ってしまうのがとてもおもしろい。

暑いのはみんな嫌だ動きたくもない、仕方ない。

みんな動物だもの。

ここチェンナイカテゴリの最新記事