インドでごみ拾いボランティアするには一生じゃ足りない。輪廻転生必須

インドでごみ拾いボランティアするには一生じゃ足りない。輪廻転生必須

溢れるごみ

インドと言えば、ごみが多い。

どんだけインドに愛着が湧いてきて、擁護したいと思っても、

ごみがない綺麗な国ですとは絶対に言えない。

そんなごみを得意とするインド。

ごみに分別があるのでしょうか。 無いです。

日本でも地域差はありますが、大学生アパートでも

指定と違うものがごみ袋に入ってると

持ち主特定されて家の前に置かれていたなんてこともあったりするとかしないとか。

まず地域ごとで指定の袋が売られてるなんてことがすごい。

すごいぞニッポン。

溢れるごみを抑える箱

そういやインドのスーパーにごみ袋が売ってるのを見たことがない。

インドはごみに対して無頓着であるからこそ、ごみがあふれかえってしまったのだ。(たぶん)

町を歩けば道端にごみが落ちていたり、 「落ちている」の段階を越え、積まれていたりもする。

道路にはよく大きな緑の箱が置いてある。

これこそがインド人共有ごみ箱だ。

通りすがりでも持ってるものポイっと捨てれる感じで置いてある。

ソファーでもポイっと捨てられる。

持てればの話。 これがめちゃくちゃ便利。

いつなんどきゴミが発生しても少し歩けば捨てられる。

そしてカラスが啄む。

インドが大きなごみ箱にならないことを願います。

ここチェンナイカテゴリの最新記事