ガンジス川で丸儲けまでのサクセスストーリー

ガンジス川で丸儲けまでのサクセスストーリー

皆のアイドルガンジス川

誰もが1度は入りたいガンジス川。

もちろん僕もインドに来たからには入りたい。

そんなガンジス川 水質汚染深刻化

基準上回る大腸菌

という記事の名前でネットニュースになっていた。

何年前だろうと汚い色をしているのに、川の基準ってなんなんでしょうか。

水質汚染深刻化なんてものは日本人からすれば、今にこしたことじゃない。

近所にガンジス

ガンジス川、予定では一年後に行く。

その頃またネットニュースになるのでしょうか。

「ガンジス川、沐浴 現地人までも緊急搬送」

ガンジス川での沐浴はヒンズー教では「罪を洗い流す」という意味らしい。

緊急搬送されていては、許されるどころか罰せられてることになる。

ガンジス川で泳ぎたいわけじゃない、浸かりたい。

でもガンジス川はここチェンナイから遠い。

もっと汚染する前に早く行かなきゃ。

と家の近くの川を見てみる。

めちゃくちゃ臭い、深緑 調べたら絶対に水以外の成分のほうが多いはず。

ガンジス川見たことないけど、 絶対この川のほうが汚い。

「もう入るのここでいいんじゃね」

…。

インドの暑さでどうかしてた。

僕はただただ汚い川を探してるわけじゃない。

そして汚い川に入りたいんじゃない。(インド人しかり)

聖なる川ガンジス川に入りたいんやった。

ガンジス川で死人が出ない限り、入る。

まぁ遺体や遺灰は常に流れてるってことやから死人はあふれんばかり出てきてるんやろうけど。

出来れば日本に水持ち帰って知り合いに配りたいくらい。

実際は入ったときより、入った後の体の汚水の処理とか、 その後のシャワーとか、着替えたいとかそういう問題のほうがきっと多い。

一応シーブリーズは持ってきた。

絶対ガンジス川の近くに脱衣所とシャワー完備したら売れるやん。

出資お待ちしてます。

「ガンジス川でがっちり!」

ここチェンナイカテゴリの最新記事