今は母国語が英語じゃなくてとても得した気分がする。

今は母国語が英語じゃなくてとても得した気分がする。

昔世界にあこがれていた時、

英語出来んけど世界一周とかいうブログを読んでて

「今日出会ったこの人は、どこどこから来てこういう仕事をするためにこの国に来たらしい」

とかいう文を写真に添えてるものがあった。

いや、お前英語出来るやん!

聞き取れてるやん! って思うことが結構あった。

自分が本当に英語を聞き取れない、喋れない人間というのは一番自分がわかってる。

そんな僕も、あるインド人スタッフにはニューデリーに好きな人がいて、次会えるのは来年の12月のクリスマスなんやけど、その人とは毎日携帯で連絡を取っていて、でもその携帯は他のインド人スタッフの借りてて、来月の給料で自分の携帯を買うとか、

分かる。

ちゃんと喋って、聞き取れない時もあるけど諦めずに聞き続けていけば、英語なんてできなくても不思議と喋れる。

実体験をして、今までの英語喋れないブログの人が英語喋ってるっていう謎が解けた。

会話を投げ出さなければいつかわかる。

言葉のない犬と話してるとはわけが違う。

同じ人間な上に、互いに知ってる英単語少なくとも20個は絶対ある。

そんなだけあれば伝えたいことは大抵わかるっていうトリックでした。

こんなこと言ってたら1個前のブログ記事と言ってることが違うと言われるかもしれない。

そう共通の英単語20個で仕事にはならないということ。

ここチェンナイカテゴリの最新記事