GOODっちゅうんわ便利な感想やで

GOODっちゅうんわ便利な感想やで

インドに来る上で、英語上達したいなんて思ってなんてなかった。

だってインドやし。

上達したいなら英語圏行けよって話。

海外では英語は人間が歩けるとかそういうレベルのツールなのかもしれない

僕が秋平に来て最初に任された仕事は日本人基準でのホテルの修復判断。

実際まだ全然終わってなくてスタート地点にも立てていないのが現状。

最初に部屋をインド人と軽く見てこれは直さないといけないなみたいな作業をしていた。

なんじゃこれ、

何言ってるかまったくわからんくて焦りより諦めやった。

パードゥンも言えず、インド人も僕と話そうとしなくなり、

といった状況。

社長に、インド人にこいつ喋れないと思われたとき彼らはしゃべりかけてこなくなるといわれた。

そんなこんなで予定変更。

英語多少勉強しようと。

今も人によっては全然聞き取れない人もいる。

でもきっと上達はしてると思い込みで頑張ることにした。

インド人も英語が母国語ではないから難しい単語を駆使しても意味がない。

インド人を上回る上達はしても意味ないし、たぶんせんし。

単語帳でとりあえず動詞を復習してぱっと意味が出るようにしようと

決意してやる気に満ちていた時単

語帳を日本に忘れたことを知る。

結局アプリを取り今1週間くらいとりあえず毎日リスニングをしてわからない単語を調べてをしている。

それが正しいかなんて知らん。

1単語でも知ってるのが増えればいいかって感じ。

変な人、日本人

街にでてもめちゃくちゃ知らん人に話しかけている。(元気だったら)

完全に変な人。

日本人ってこういう人種なんだってインド人に思われてたら日本の皆さんごめんなさい。

シェアタクシーに乗ってめっちゃでかい荷物をもって乗ってきたら、

何を運んでるの? と聞いたり。

幸いなことに日本人の少ないチェンナイは大体インド人がこっちに興味を持ってくれて 話が弾む。

弾むってほど聞き取れない状況やけど、無理に弾ませる。

意味があるか分からんけど、とりあえず喋る。

前にもそんな締めくくりをしていたけど、英語はあくまでツール。

高品質はいらん、発音なんてほんまにどーでもいい。

インド人なんて舌ドゥルドゥル、ドゥルドゥル巻きまくってる。

出発前と変わって今は 英語を使えるようになりたいと思ってる。

インドに来てまず一つ変わったこと。

ここチェンナイカテゴリの最新記事