安易にインド人と待ち合わせしたら1日が終わる

安易にインド人と待ち合わせしたら1日が終わる

手を出してはいけない待ち合わせ

今日は一緒に働くインド人と出かけた。

12時に待ち合わせ。

インド人は人を待たせると聞いていたけど、実際自分の身に起きると

ほんまかよ!と思うほどで

危うく人間不信になるところだった。

12時集合、

まぁぴったりくるわけもなく、とりあえず30分電話をせず待った。

待つ。

1時間…ナニコレ状態。

連絡なしのドタキャンすら疑った。

言ってもまだ、一か月の付き合い。

JAPと舐められ好かれずの出会いだった。

昨日はあんなにどこ行こうかと楽しく話していたのに、 あれは嘘だったのか、

昼を食べに行くというからご飯も食べず待ってるのに、

ここで来なかったらインド人不振は確定。

15分経ち電話。

コール終盤で出た。

外に出たらしい。

まだ全然聞き取れない時もたまにある。

2度目の電話で着いたとのこと。

2時。

2時間待ち自分でもその間何をしていたか不思議と覚えてない。

出かけに行く前の話でここまで膨らんでしまうのはインドならでは。

聞くと1時まで寝てたらしい。

???

夢のようなレストランに連れて行ってくれるとのこと

それでは彼ら一押しのレストランに行ってきます。

インド人の勧めるごはん。

不安しかなかった。

シェアタクシーと徒歩と電車を乗り継ぐこと1時間30分くらい。

駅からは割と近く、

え、ここ?って感じ。

こんな細い道絶対自分ひとりなら入っていかない店やな と思い来てよかったと、

もう待ち合わせのことはとっくに忘れていた。

けど打ってる今思い出してる。

彼らはアッサム地方から出稼ぎに来ている人たちで

このお店はそういった人たちのために北インドの料理を出しているお店らしい。

鶏肉、豚肉、牛肉すべてを取り扱ってる。

豚肉、牛肉がインドで食べられるなんて夢物語。

そんな夢物語は次のブログで!

ここチェンナイカテゴリの最新記事