優れた人材見つけました。

優れた人材見つけました。

インド人はすごいって話。

ちょっと前にブログでも書いたけど、 インド人は何かを直すとなると、1から自分でやってしまう。

例えば壁が剥がれてたら、コンクリートになる粉から水を混ぜてパテみたいなもので塗っていく。

日本でもやり方はたぶん同じ何だろうけど、 インドではその場で作ってやる。

そして雑。

まさに大人の図画工作だ。

っていうのもIさんのいる会社でも同じ。

例えば、何か機械が壊れた時エンジニアををそこへ連れていくと、

そのインドエンジニアは原因を自分で探し出し、

その場で解決策を編み出しなおす。

そこには説明書も何もない。

なんか鉄の板と溶接するものないかと言って。

直すらしい。

それが正しいかなんか知ったことじゃない。

でもインド人エンジニアは経験と自分にある知識から そこが原因だと思い、

いるものを自分の中で割り出し直してしまう。

日本人にそんな人材がいるでしょうか。

Iさんは日本には便利なものがあふれかえってるからこそ、

人の能力も衰えていってると思うらしい。

インドには図面を書くためにパソコン(CAD)なんて出さない。

というかない 手書きでやるのだ。

インド人からすればそんな精密な図面なんて必要としてない。

物がないのだから、

自分でやるしかない。

結果すごい能力の優れた人になる。

大学出た日本人よりインドを出てきたインド人のほうが使える人は多いかもしれませんね。

ここチェンナイカテゴリの最新記事