毎回信じるか信じないかはあなた次第状態

毎回信じるか信じないかはあなた次第状態

ヨーロッパまでの道のり

ポンディシェリといえば元フランスの植民地地域。

ということでヨーロピアンな街並みが残っているとか。

オーロヴィル→ヨーロッパ。

行はオートリクシャでしたがやっぱり節約したいと思いローカルバスを使うことにしました。

オーロヴィルでバス停の場所を聞きました。

結構な距離で1人でとぼとぼ歩いていると、

後ろから子供を乗せたお父さんバイクが来て

「どこまで行くの?後ろに乗りな」

どうやらお金も取らない純粋な優しさで乗せてくれるらしい。

安易に使うべきではないけど感動した。

着くとぱっとおろしていってしまった。

写真くらい…

歩けば結構な距離だなと思うと、尚ありがたかった。

てか違和感なく乗ってたけどノーヘルやん!

人生初ノーヘルバイク。

日本でノーヘルが許可されても僕はヘルメットを絶対に被る。

その後バス停には到底思えないようなところで待つ。

謎のカラフルのワゴン車が走る。

日本でいう痛車てきなやつなのかな。 とか思っていると人に話しかけられた。

無駄話をして、バス来るまで暇じゃなくなったなぁと思っていた。

誘拐と親切は紙一重

さっきのバイク乗せてくれた人の話をして、この辺の人は優しいなみたいなことを話す。

「バスは1時間に一本だぞ、これは俺のバイクだ!ビーチまで連れて行ってやろうか?」

連れってってくれるけどお金はもちろん貰うとのこと。

安く行きたいからバスで行きたいんだ。

というと じゃぁメイン道路のバスがいっぱい来るバス停まで連れて行ってやる。

30ルピーでといったので。 それならということで 結局またにけつで移動することになった。

移動中に何度も質問をされ

「お前はビーチにいきたいんだろう?」

「ビーチに行きたい でもバス停でおろしてね」

と何度も似たようなやり取りをしてた。

長い間乗っていて気づけばそこはもうビーチだった。

最初はこれはサービスだと思っていた。

優しいと思いチップも渡そうとしたら、300くれと言われた

は?

意味が分からん。

彼は乗る前に300と言ったという

確かにサーティーンといったのに

今彼はスリーハンドレッドという。

どんだけリスニング力のない僕でもサーティーンとスリーハンドレッドは聞き取れる。

やられた。

結局もめていたらオートリクシャのドライバーが寄ってきた。

事情を話すとそれは高いね

で結局250ルピーだけでいいと話をつけてくれたみたいだ

それでも不満足だったらしく280渡した。

オートリクシャのドライバーには 「もうこんなバイクには乗らないことだねドンマイ」 みたいなこと言われた。

きっとカラフルのワゴン車がバスだったのだろう。

1時間に1本っていうのが本当かもわからない。

まぁでもバイクで街中を走れたことは楽しかったし、まぁいいでしょうって感じ。

インド人に金をとられインド人に助けられ。

インド人に騙されたとしてもインド人に救われればなんかめっちゃうれしい。

ここチェンナイカテゴリの最新記事