専門家に高いお金をかけるにはそれなりの理由があるんですねー

専門家に高いお金をかけるにはそれなりの理由があるんですねー

せっかくやし」とよく使ってしまう。

悩んだあげく、せっかくやしの一言で今までの悩んだ時間が嘘だったかのようにサクッと選択できてしまう。

これまでにも旅先で必要に感じたことのない、

その土地の工芸品を幾度と無く買ってきた。

でも部屋を大掃除したときゴミ箱はこれまでの”せっかく”でいっぱいなのである。

自分宛てのせっかくやし~というのはいいとしよう。

他人宛の「せっかくやし買ったら」はまったく思いがない。

実際その人があるものを買うか買わないかなんてどうだっていい。

他人宛のせっかくは選択を急かすだけの言葉。

真意は「早く買ってしまえ、次行くぞ」 こんなことを言うとせっかくという言葉を人に使えなくなってしまう。

自分宛のせっかくは言い聞かせ、正当化。

今日話したいことはそんなことじゃなく、

意外と調べたらたいていのことは自分で解決できるってこと。

「なんでもせっかくだから自分でやろう!」っていうポリシーの押し付け

ビザを知ってますか?

私は存在は知ってましたが、実際何でどうやって手に入れるか全く知りませんでした。

査証(さしょう)又はビザ(英: visa、仏: visa、露: Виза、西: visa、中: 签证)とは、国家が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書である(参照wikipedia)

ビザはどうやら国によって要る要らないが変わってくるらしい

今回は前に少し話したけどインドのビザが必要となった。

詳しい手順というのは他にもたくさんブログがあるのでそこは割愛。

インド総領事館というのは日本に二箇所ある。

東京と大阪だ。

どちらで受理されるかもあらかじめ決まっている。

二箇所しか日本に無いわけだから当然直接行けないという人も多い

私ももちろんその1人。

今回とった方法が郵送でのビザ発行。

書類を用意し、

指定の領事館に送ってビザが上手くいけば1,2週間後送られてくるというもの。

STEP1としてインターネットで申請書というのを打ち込むという作業がある。

さまざまなブログを見る限りここで躓く人が多いそうで、

スペルミスや記入の表記方法の間違いは厳禁です。

英語で記入要項をたずねられ英語で記入していく。

日本語ですらやったことのない申請書作成を英語でやれというのだ。

問題の1つに、ビザに関する決まりごとがよく変わるということ。

古い解説サイトを見ていては一生インドには行けない。

(それも英語が出来れば公式サイトで確認できる。)

グーグル翻訳の成長に期待しています。

決まりごとがある割りに

「この方法で上手くいきました。」

「この方法で上手くいきました。」

もうパニック。

どれが正しいねん。

運よく2018年版のブログがあったのが何よりも助かりました。

次の問題に、見たブログが自分とは違う領事館問題。

次の問題に、日本と違って住所逆から書くという不慣れ問題。

次の問題に、住所が長くて収まらない問題。

次の問題に、「,」「空白」文字の間どっちがいいのか問題。

次の問題に、札幌市をSapporo-shi、Sapporo-city、Sapporo どれで書くか問題。

次の問題に、書き終わったと思ったら時間かかりすぎてページの期限切れてる問題

次の問題に、どうせまた問題が出てくるんだろうと自信を失う問題

次の問題に、次の問題に、次の問題に……

なんじゃこりゃ来る者拒みすぎやろ。

不安を大量に残したまま提出した。

それをコピーすると、郵送する中の一枚目の書類が完成する。

なかなか通らないといわれているインドビザ、

怖くて送る直前に領事館に電話をし、送る書類を確認しましたが相手はインド人

インド人界では日本語が上手いインド人としてやってるのでしょう。

何言ってるか肝心なとこが全く分からん。

とりあえずサイトに紹介された送るべきものをすべて詰め込んで送りました。

あるサイトで不手際があると電話が来るとあったので、提出から数日は気が気でない。

と3日後 不在着信。

もしかして、っていうか絶対それやん

掛け直すと案の定大阪インド総領事館 前電話した人とは違う人で、とても聞き取りやすい。

日本語が上手いとはまさにこのこと。

「免許証のコピーを送ってください」 そんなものがいるの?!

ていうかそれだけ?

他に記載ミスは無かったですかと聞くも

「大丈夫ですよ、明日にでも免許証のコピーを送ってください」

安堵ひたすら安堵

この上ない安堵 そして待つこと10日(たぶん)

今日ビザが届いた。

届いたというか張り付いてた。

感想

割と大変。 ビザは代行サービスが多くある。ネックなのは値段が高いということ1万いくらかする。 自分でやれば4000円弱だ。 代行が4000円でも自分でやっていたと思う。 知ることが少しでもあればどんな労力がかかっても自分にとってプラスやん。 自分でやる方はぜひ時間にゆとりを持って何度もやり直すくらいの気持ちで行きましょう。

ここ日本カテゴリの最新記事